してみるテストロゴ
Apache 2.4系でHTTP/2サーバを構築してみるテスト。

OpenSSL のバージョンアップ情報

最新バージョンのインストール方法は、コチラをご覧ください。

2017-11-03   OpenSSL 1.0.2m/1.1.0gがリリースされました。
RSAおよびDSA暗号のキャリー演算に関する脆弱性パッチになります。Intel第5世代以降のBroadwell、Skylake、Kaby Lake、Coffee Lakeと、AMD Ryzenが影響を受けます。
2017-05-26   OpenSSL 1.0.2lがリリースされました。
Mingwツールキットの64ビットを優先して使用するように設定変更されています。
2017-01-26   OpenSSL 1.0.2kがリリースされました。
RC4-MD5やRSA,DSAに関する脆弱性が修正されています。
2016-09-26   OpenSSL 1.0.2jがリリースされました。
大きなメッセージに利用するメモリについて、解放後に利用する恐れについて、修正しています。
2016-09-22   OpenSSL 1.0.2iがリリースされました。
クライアントから巨大なocsp status request extension送付され、再接続が繰り返されるとメモリが無駄に消費され、DoS攻撃に利用される脆弱性が修正されました。
2016-05-03   OpenSSL 1.0.2hがリリースされました。
インテルおよびAMD製のx86系プロセッサのAES暗号用命令を用いたAES-CBC暗号処理のpadding oracle attackに対する脆弱性と、その他オーバフローやメモリ割当にかかわる修正があります。
2016-03-01   OpenSSL 1.0.2gがリリースされました。
SSLv2と米国輸出対応暗号に伴う脆弱性を修正しています。その他メモリーリーク、サイドチャネル攻撃対策などの脆弱性にかかわる修正があります。
2016-01-28   OpenSSL 1.0.2fがリリースされました。
DH鍵交換におけるパラメータファイルについての修正があります。
2015-12-03   OpenSSL 1.0.2eがリリースされました。
NEXT >> 最新版のインストール方法

©Copyrights 2015-2018, non-standard programmer

このサイトは、あくまでも私の個人的体験を、綴ったものです。 軽く参考程度にご利用ください。